FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鎌倉花便り バラ情報 -鎌倉文学館-

☆ 鎌倉文学館 『バラの花時』 ☆ 開催中
DSCN1909.jpg

 期 間: 2011年5月14日(土)~5月31日(火)

 時 間: 9:00~17:00(入館は16:30まで)

 入館料: 大人400円 小中学生200円

 住 所: 鎌倉市長谷1-5-3

 交 通: JR鎌倉駅東口から1番、6番乗り場(大仏方面)のバス乗車
       「海岸通り」下車、徒歩3分

DSCN1937.jpg
鎌倉文学館は、元前田侯爵家の鎌倉別邸だった建物で、鎌倉にゆかりの深い作家(鎌倉文士と呼ばれる人達)の文学資料を集め展示しております。
写真や直筆原稿をはじめとした展示品の数々は、作家をしのぶ魅力に溢れており、作品とは別のアプローチで作家に触れることが出来ます。
<鎌倉文学館ホームページ>

この文学館の魅力はそれだけではありません。
資料館として使われている元前田侯爵家の鎌倉別邸として建てられた建物と庭園、そして今回ご紹介するバラ園です。

鎌倉の豊かな緑をまとい佇む洋館と南に傾斜しながら広がる庭園、その庭園の先には色とりどりのバラが咲き、由比ガ浜の海を遠望する景色へと続きます―
DSCN1933.jpg

建物は、外観の美しさを楽しむとともに、室内も見ることが出来ますので(資料展示室として使われている部屋等)、クラシカルな空間で優雅な気分に浸れます。
DSCN1951.jpg

バラ園では187種のバラが楽しめます。
DSCN1915.jpg DSCN1924.jpg
DSCN1911.jpg DSCN1913.jpg
中には、鎌倉にゆかりの深い名を持つバラ(※)もあり、そういったバラを見つけながら鑑賞するのも、このバラ園ならではの楽しみ方です♪
(バラの根元に名札があります。また文学館内にバラ園MAPの載ったチラシがございますので、そちらを参考にされてみてはいかがでしょう)
DSCN1900.jpg

※鎌倉にゆかりの深いバラの名
星月夜・静の舞・流鏑馬・鎌倉・化粧坂・禅・春の雪・大姫・薪能  (鎌倉文学館/バラ園MAPより)
―鎌倉との所縁、全て解かった方は文学通で歴史通、鎌倉通かも?!

5月14日の時点では、バラの開花はまだ全体の2割程度でしたので、見頃はこれからです!
この時期に鎌倉を訪れるなら、是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
(長谷寺や高徳院の大仏とも徒歩で行き来できる距離なので、コースで廻られるのもおすすめです)
DSCN1920_20110517210036.jpg
(記事内の写真は全て5/14に撮影したものです)


山の緑や色とりどりの花
季節によって変化する自然の色合いに
四季を感じて暮らす街-逗子・葉山・鎌倉

今すぐこちらから   物件を探す 

お問合せ はこちら  株式会社 ハウスモリー 046-872-1533


スポンサーサイト
テーマ: <逗子~葉山~鎌倉> - ジャンル: 地域情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。